保険に加入できない職業とは?

生命保険は加入者による相互扶助の精神で成り立っているため、保険金を受け取れる可能性が高い(病気やケガ、死亡するリスクが高い)人を加入時において審査しています。告知書による申告は健康状態などを知らせるものですが、職業も危険を伴うものがあるので加入時に保険会社から審査を受けます。

例えばプロレーサーやスポーツ選手といった職業の場合は、保険金の制限が設けられたり保険への加入自体を断られることがあります。また危険を伴う職業に転職した場合は保険会社に連絡する必要はありませんが、約款によっては通知する必要がある保険商品もあります。そのためスムーズに保険金を受け取るためにも一応保険会社に連絡しておく方が無難です。

他にも反社会勢力と関係していると認められると生命保険に加入することはできません。以前は刺青(入れ墨)があると保険加入を断られたケースがありますが、最近では反社会勢力と関係がないと判断されれば問題なく加入できる場合があります。

ただし、タトゥーやまゆ毛などのファッションメイクなども健康上の理由を問題にして加入を断る保険会社もあります。タトゥーを入れた部位や大きさ、色素の種類などによって判断するところもあるので、これから生命保険に加入するという方は注意しておきましょう。先に保険加入してから入れ墨をするのは問題ないと言われていますが、職業による不公平と同様に他の加入者への負担増ともなりかねないので今後の保険会社の対応に注視しておきましょう。

参考サイト:保険に入れない職業があることをご存知ですか?