戦争で死亡したら保険金は下りる?自衛隊の保険は?

ここ最近では北朝鮮がミサイルを発射するのではないか、という不安が広がっていますが、戦争やテロで亡くなったり高度障害を負ってしまったら保険金を請求することはできるのでしょうか。実は保険会社が定めるほとんどの約款には、戦争やテロ、内乱などで死亡・負傷しても保険金が支払われないと記載されています。

これが免責条項と呼ばれるもので、他にも地震や津波といった自然災害などへの一部の保障(病気やケガ、特約など)も免責条項に含まれているので注意が必要です。ただし、自然災害などは規模によっては死亡給付金が支払われます。東日本大震災の時もすべての対象者に死亡保険金が支払われました。しかし、戦争やテロの場合は被害がどれくらいの規模になるのかわからないので、保障の対象外となる可能性が高いです。

参考サイト:ニッセイ基礎研究所「生保業界の「涙ぐましい」努力―東日本大震災対応を振り返って

ところで、ご家族が自衛隊に入隊されている方にとってご心配になっていることと思います。自衛隊には主に2つの保険があって、1つは日本生命と明治安田生命が取り扱っている団体生命保険です。自衛隊員を対象とした生命保険で、最大で8000万円までの保障となります。また病気やケガを対象とした傷害保険や医療保険もあります。

もう1つは防衛省生協が取り扱っている「生命共済」で、大人1口1000円、こども1口250円でそれぞれ3口まで加入できます。大人の場合は1口あたり500万円の死亡保障も付いているので、万が一の場合に備えることができます。

参考サイト:防衛省「生命共済の特長